【講義】1/21 札幌学院大・石川園代先生の講義にお招きいただきました

「正直言うとあまり会いたくない」という学生さんと・・・
~1/21、札幌学院大学の講義に参加しました~

01-1421819110890

キャプテンの森田です。
1/21、札幌学院大学の授業に、チーム☆OKがゲスト講師としてお招きいただきました!
石川園代先生の「コミュニケーションスキル2」という講義でした。

石川先生の、「ぜひ学生に原発避難の話を聴いてほしい。聴くだけでなく、避難した方と語り合って自ら考える場にしてほしい。」という強い想いを受け、キャプテンの私と、福島から避難のメンバーの2人でお伺いしました。

*****

事前に石川先生が、学生さんにアンケートを取って下さいました。

「ゲストの方々や被災地の現状、生活について学ぶいい機会だと思う」

「少しでも力になりたい」

「これからの日本、世界をどうしていくべきかについて話し合いたい」

ああ、こんなふうに思ってくれるんだなぁ・・・と、感動とともに読ませていただきました。

そして、こんな声もありました。

質問:「ゲストを迎えるにあたり思うことは?」

答え:「不安です。正直言うとあまり会いたくない。」

会いたくない!!!!!!!!!!(驚き過ぎ)

思いがけない言葉にびっくりしたのですが・・・・
その後にはこう続いていました。

「呑気に日々を過ごしている自分に、彼らに会わせる顔などない。何か言っても軽率で、相手の神経を逆なでしてしまったらどうしようかと不安。」

なるほど・・・・!!!!!!!!!

そんなふうに、真剣に、自分のことを振り返って想ってくれたんですね。

「会いたくない」。
とっても言いづらいことだと思いますが、

「その正直な想いが聴けたのがうれしいね」

「言わせてくれる石川先生はすごいね」

と言い合いながら、会場に向かいました。

*****

当日は、北海道避難者の現状(原発避難、母子避難が多いこと)や、福島で被災した時の様子、避難を決めるまでの様子などをお話しました。

学生さんたちの聴き入る姿は真剣そのもの。

09-142181574159309-1421815741593

一緒に参加したメンバーは、その学生さんの「聴く力」のおかげで、どんどんと当時の様子、想いを語っていました。

聴く人の真剣さが伝わると、思いがけず、伝えたいことが次々とあふれてくるものなんですよね・・・。

あっという間の90分。

こちらが語ることが多く、学生さんの考えや想いを聴く時間が足りなかった!!そこが残念でした。
(仕方のないことですけどね)

最後にみんなで書いた感想を、先生が1枚にまとめてシェアして下さいました。

*****

sgu CommSkill2学び20150120

「自分で考え、決断することの責任の重さ、難しさを感じました」

「自分の知っていることが、いかに間違っていたか知った」

「母子避難という言葉を初めて知り、そしてその話を自分の母を思い浮かべながら聞けました」

「放射能と子供、どう守れるか・・・」

「震災の教訓を思いだせた」

「正直、お会いするのはとても不安でしたが、お会いできてよかったです」

・・・学生さんは、自分の言葉で、正直に感想を寄せて下さいました。

*****

08-1421814196691

最後に、「会いたくない、と書いてくれた方はどなたですか?」と聞いて、
「ありがとう~!正直に書いてくれてありがとうね~~!」と、2人で伝えることもできました(笑)

お話しに伺うのは、緊張しますし、大変な面もありますが・・・
それでもお引き受けするのは。

3.11から4年が経つ今でも、関心を持ち、話を聴こうとして下さる方がいることがありがたく、行くたびに、こちらが勇気をいただくからです。

貴重な機会をいただき、本当にありがとうございました!
学生の皆さん、またどこかでお会いしましょうね!

(キャプテン・森田千恵・群馬県から原発避難)

unnamed 05-1421815545730 04-1421815573486 03-1421816092458 02-1421814300448 08-1421814196691 12-1421814270813 13-10947526_523815071090069_735609411_n