【ピアサポ】「私たちは誰もが語り部なのだ」 ~モノノケユースケさんの感想~

1/31、安積遊歩さんのピアサポート講座を受けての感想です。


道民サポーターのモノノケユースケさんからいただきました。

「語り部」「魂のおうち」・・・

ミュージシャンとして表現をしている、ユースケさんの視点からの感想を、どうぞご覧ください!

*****

10614320_724814080898526_1598540491958734201_n

遊歩さんの導きを受けて「私」は「私達」になっていく瞬間を感じていました。

私たち一人一人は孤独な存在です。

その孤独であるという存在をそのまんま受け止めてもらえたら、
私たちはまるで「魂のおうち」を見つけたように、
安心できるのだと思いました。

手を握り相手の話を聞いている時、聞いてる自分もその人の中に入っていく感覚がありました。
あるいはその人が、私の中に入って来る感覚も。

真剣に聞きながらどこか、まるで神話や物語を聞くように聴いている自分がいました。

語り部(かたりべ)の話を聞いているような、詩を聞いているような。

「私たちは誰もが語り部なのだ」と気づきました!

話を聞くということは、その相手の傷に触れることなのだと思います。

語り部の話には、日常の合理性などとは違う次元があります。
そういう語りが私たちの中にもまだ残っていたという喜び!

普段の会話の中でそういう感覚になることはなかなか無いですが、
音楽や表現を通して、そういうものに出くわす瞬間があります。

しかしそれは一瞬で、あまり意識もしないかも知れません。
今回のピアサポ講座では、その瞬間をじっくり味わうことが出来ました。

私たちは語り部なのだと。

講座の中で遊歩さんが言ってましたが、
「魂のおうち」を失って苦しんでいる人たちが、戦争をするのだと思います。

魂とは関係性の中に育つものだと思います。
それを私は本当の神様なのではないかと思います。

争い合う関係の中には戦争の神しか表れないでしょう。
信頼し合う関係の中には、本当に私たちが信じている神様が、表れてくれます。

それぞれがそれぞれの神様を信じ合えれば、愛しあえれば、孤独も闇も光になりますね。

戦争を起こす人たちは、十分に語ることを許されなかったのかも知れません。

発信者というより、語り部という言葉が好きです。

ああ、もしかしたら私も歌を通して、この世界を自分の言葉で語る語り部になりたいのかも知れません。

最後に、ヨハネ福音書に「最初に言葉ありき」とありますが、これは間違いです(笑)

胎児はまず最初に耳からできるらしいんです。
最初に耳ありき。
人間はは元来聴くことから始めた生物だったんですね(*^^*)

語る口は後からできた。

だから、
「最初に耳ありき 言葉は一番最後にできた」
が正しいですね(*^^*)

(道民サポーター・モノノケユースケ)

※写真はライブでのモノノケユースケさんです。かっこいい!

☆関連記事☆
1/31 安積遊歩さんの「ピアサポート基礎講座」第2回報告
http://teamokjapan.com/news/blog/12041/

Facebookでの記事はこちらです
http://goo.gl/uBZA7q