【OK☆インタビュー】「なんでも面白がることにしています♪」 ~ねっこぼこのいえ・小林真弓さんインタビュー~

【OK☆インタビュー!】
「なんでも面白がることにしています♪」


~ねっこぼこのいえ・小林真弓さんインタビュー~

多世代交流ひろば「ねっこぼっこのいえ」。
代表の「こばまゆ」こと小林真弓さんは、2人の子を持つママです。
笑顔が素敵で、誰とでもすぐに親しくなってしまう方でした♪♪
こばまゆさんに、活動のことを根掘り葉掘り(笑)おたずねしました。

35-DSC_4331
*****

☆こばまゆ語録☆

活動で大変なのは、お金が無いこと!
どんな家庭の子どもたちでも遠慮なく来れるためには、参加費は取れません。
どこから活動費を持ってくるかが悩みの種で・・・」

とにかくすごく話し合う。みんなで決める。
困っていることは、ひろばで話し合う。」

「誰でも来れる場所にしてるから、いろいろな人が来ます。
いろんなことが起きちゃう。
でもそこが面白いところ。」

「一番大切にしていることは、なんでも『面白がる』ところ。
大変なことも、面白がる。
面白がれるようになっていったんです。
泣きながら、笑いながら、怒りながら。」

「多様な人がいるから、いろいろな事が起こる。
自分では受け入れられないこともある。
でも、ひろばがあるから、何とかなる。
ひろばに、いろんな人がいるから、マッチングが起こる。」

「拠点という場所があるのは、すごい可能性がある。
近所の子どもが自分で来てくれる。
拠点を持つと、生活につながることができる。

「障がい者や不良と言われる人が、最初は怖かった。
でも知り合ってみると、『すごくいいひとじゃん!』と思った。
それから、どんな人でも大切な存在なのかな、と思うようになった。
これは人生のテーマ。
死ぬまで確かめてやろう、と思ってます。

*****

お子さんが幼稚園児のときから、この活動をしてきたこばまゆさん。
そのお子さんもいまは中学3年生だそうです。

長続きは、大変さを面白がることができる「こばまゆ精神」のおかげでしょうか?
可愛らしさの中にタフさと度胸がチラリとのぞきました。

こばまゆさんに会いたい人は、「ねっこぼっこのいえ」へGO!
こばまゆさん、お話を聴かせて下さってありがとうございました♪

多世代交流ひろば「ねっこぼっこのいえ」はこちら!
ホームページ
http://nekkobokko.main.jp/
FBページ
https://www.facebook.com/NEKKOBOKKO

☆関連記事☆
2/4 「ねっこぼっこのいえ」を探検しました!
http://teamokjapan.com/news/blog/12071/

https://www.facebook.com/teamokjapan/posts/678948795549624

56-DSC_4442 35-DSC_4331 58-DSC_4451 60-DSC_4477 61-DSC_4479