「被ばく者」と「精神病者」。我が子に「隠す苦しみ」を味わわせないために。~3/3 キャプテン・森田千恵 お話し会開催~

「私たちの中に無自覚にある『差別感情』をなくすことが大事」
~3/3 森田千恵お話し会~

キャプテンの森田です。3/3、私のお話し会が無事に終了しました!
23名もの方にお越しいただきました。

01-DSC_5643

今回は、私の11年間の躁うつ病経験談、病気になってよかったこと、そして、「避難被ばく者と精神病の共通点」という話をさせていただきました。

死にたい気持ちが強かった私は、赤ん坊を抱きながら、
「明日はこの世に生きていないかもしれない」と思っていました。

でも、街で出会う人には「幸せいっぱいなママ」に見えたはず。
ひとには「見えない事情」がある、と強烈に知った経験です。

そんなこんな、いくつかの気づきを、経験談を交えてお話ししました。

また今回は、避難の仲間が多く参加してくれたので・・・
「被ばく者」と「精神病者」の苦労が、どんなふうに重なるかをお話ししました。

私は病気になり始めのころは、精神病になった自分を受け入れられず、ひとに隠していました。
隠すことを持つことは、いつも重い重い布団をかぶっているように、息苦しいことでした。

20150303お話し会桜台なおらなくても

一方、避難者は被ばく者でもあり、健康被害が遺伝する可能性があります。
精神病と同じように、差別が生まれる可能性もありますし、ゆえに、隠して生きてゆく人が増えるかもしれない。

でも・・・

子どもたちに、「隠す」という十字架を背負わせないためには、何ができるのか。

そのひとつに、「まともな私たちと、異常なあの人たち」という、私たちの中に無自覚にある「差別感情」をなくすことが大事なのではないか、という話をしました。

避難者には、ある意味で現実を直視させられる、しんどい話であったと思いますが、皆さん熱心に聴いて下さいました。

最後に、参加者全員にマイクを回し、皆さんの想い、どんな関心でここに来たのか、をお聴きしました。

病気の当事者の方もあり、ご家族が病気でという方もあり、病気の人はいないけれど昔つらい時期もあったという方も・・・
今日ここまで懸命に生きてきた皆さんの、真摯な言葉の数々をお聴きできたことが、私にとって、何よりの報償でした。

皆さんのおかげで、私はまた生きるエネルギーをいただきました。
貴重な時間をいただき、本当にありがとうございました!

(キャプテン・森田千恵・群馬県から原発避難)

※3/7報告記事もぜひご覧ください
『24時間離れることのない自分を味方に』~3/7 キャプテン・森田千恵 お話し会開催~

03-DSC_5660 02-DSC_5667 01-DSC_5643 20150303お話し会桜台なおらなくても2 20150303お話し会桜台なおらなくても

 

07-DSC_5655 04-DSC_5682

 

06-DSC_5651 09-DSC_5665 10-DSC_5671 11-DSC_5674

 

13-DSC_5677 14-DSC_5680 15-DSC_5685 18-DSC_5690