【手記】「毎晩スマホでHPを見ていた、私みたいな人のために」 ~千葉県から母子避難したメンバーの想い~

メンバーのかよさん(千葉県から原発避難)が、
3.11のサロンに寄せる想いを聴かせてくれました。

なぜ私たちが「あえて集まる」のか。
その答えの一つが、ここにあります。

*****

私がチーム☆OKのイベントに初めて参加したのは、
2014年夏の『被ばくと向き合う』でした。
http://teamokjapan.com/8931

このとき私はまだ避難前。
千葉県に住んでいて、生まれたばかりの子を抱えていました。

赤ちゃんを連れて参加した『被ばくと向き合う』でした。

毎日ひとりで放射能汚染のことを調べ、不安でたまらないけれど、家族に猛反対され迷う日々。

保養で北海道に行ったとき、思いきってチーム☆OKのイベントに参加しました。

あのとき、チーム☆OKのみんながあたたかく迎えてくれて・・・
「よく来たね」って口々に言ってくれました。

このイベントで、チーム☆OKの皆に背中を押されて、
2週間後には母子で避難移住をしました。
あれから2年半。いまも札幌で避難を続けています。

上手く言えないのだけど、「きっと大丈夫」って思えたんです。
チーム☆OKの皆が、優しくて朗らかだったからだと思います。

避難移住前は、毎晩スマホでOKのホームページを見ながら、
「絶対、避難移住する!」って思ってました。
暗いトンネルにいるような毎日の中で、チーム☆OKの存在が、私の希望でした。

今も、そういう人が居るんだろうなぁ、と思います。

あの時の私みたいに、苦しんだり、自分を責めたり、だけど生き抜こうと闘っている皆さん。
どうか、どんな形でも、繋がって欲しい、そして命を守って欲しい、と願っています。

だからこそ、この3月11日のサロン、『集まろう!3.11』は、
とても大きな意味があるし、皆の希望になると、思っています。

私も会場で、皆さんを待っています!

(メンバー・かよ・千葉県から原発避難)