【語り場】「赤ちゃんが生まれたと同時に、覚悟を決めなくちゃと・・・」~8/29 仙台からのみさとさんの「語り場」の記録~

【赤ちゃんが生まれたと同時に、「行く日(避難する日)を決めなくちゃ。覚悟を決めなくちゃ。。。」と思いました】


04-DSC_5274

チーム☆OK初!
8/29、文字おこしナシ、資料ナシの「ミニ語り場」が開催されました。

第1回目の語り手のみさとさんは、仙台市から3人のお子さんを連れて避難をされたママです。
避難してきて1年目に語り手をしませんかと話した時は「思い出すとつらくて…。」と話されていたみさとさん。
今回、「こんな私の話を聞いて下さる方がいらっしゃるのなら、どなたに来ていただいても構いません」と心の変わりゆく様を話してくださいました。

淡々と当時を振り返る様子は、聞きに来られた方々からも「どんどん語り手さんのペースに入り込んで行ってしまいました」との声もあるほど、過去の自分に寄り添い、今の自分の想いに向き合う強さ、母の強さがありました。

このミニ語り場、もちろん文字おこしはありませんが、みさとさんの了承を得た部分を少しだけご報告させてください。

2011.3.11、2人のお子さんとお腹には8ヶ月になる赤ちゃんを抱え仙台市にて被災しました。

「夫が仕事で不在の中、ラジオから聞こえてくるのは幼い頃によく遊んだ海水浴場に並ぶ、津波で流された方々のご遺体の数や被害状況ばかりで、とにかく怖かったです。そんな中、信頼する友人から「福島の原発で爆発事故があったよ、気をつけて」と1通のメールが届きました。

一時避難で一旦は札幌に来たけれど、不安を抱える中、仙台に戻りお産準備をし、先に避難をした友人の力を借りて避難準備も同時にされていたそうです。

2011.6.5 第三子出産。
「赤ちゃんが生まれたと同時に(避難)行く日を決めなくちゃ、覚悟を決めなくちゃと思いました。」

札幌に来てからは、先に来ていた友人が「産後間もない身体では何もできないだろうから…とリサイクルショップで家具を揃えてくれたり、部屋は全て掃除が行き届いていました。この友人がいなかったら来れてないと思います。自分だって大変だっただろうに。

29-CIMG1822

札幌に来た父親に「行かないで」と泣く子供たちをみては、「これは正しい選択をしたのか…迷う…考えたよね…。」と語りながら、「それでも、赤ちゃんの毎日の成長に家族皆が救われました。ハイハイしたり、話したり、皆で喜んで。団地のお母さん達がエレベーターで会うと「大きくなったね~」と声をかけてくれたり、嬉しかったです。」とみさとさんは話して下さいました。

本来ならば、家族親戚が赤ちゃんの誕生を喜び、当たり前に家族が増えた喜びに満たされるこの時期に、家族が離れて暮らす選択をしなければならない寂しさを想像したら、毎日暗い部屋に帰る子ども達のお父さんを想像したら、悔しさがこみ上げました。

その後、みさとさんの旦那さんも札幌に合流し、今は家族避難生活をしています。

家族が揃ったら揃ったで大変だったけど、なかなか言えなかった。それほど母子避難生活の大変さを実感していたから。
今母子で生活をして悶々としているお母さんがいたら、少しでも外に出たりして、人と話したりして欲しい。私に出来ることはないかと考えています。」

この避難を決めた時、周囲の人達には本当の想いは言えないまま出てきたそうです。
そんな中、義理のお父さんから子供たちとみさとさんに1通ずつ手紙が届いたそうです。

「戦争という悲惨な経験を越えてきたからこそ、こういう状況で家族を守るのは当然だと思っているから、家族をしっかり守れ。」と唯一お義父さんだけは理由をわかっていてくれたそうです。

そのお義父さんが今年の3月に他界、告別式には実父との久しぶりの再会も果たせ、孫の成長を見せることが出来ました、とこの時初めて涙ながらに語って下さいました。

「最後に…いつも思うのは…結局、脱原発とか言っても一人一人の生活が変わらなければ原発は無くならないと思うんですよね、原発は止めたい、じゃあ、川を汚す合成洗剤を使って環境汚染を続けることはいいのか、汚染された食品の代わりにと輸入してまで食べる必要があるのか・・・とか。
何かのせいにして自分が何も変わらないのでは、これから先も何も変わらないと思う。
避難したから、原発デモに行ったからそれで終わりにしていいわけじゃない、これからの未来に本当に必要なものは何なのか、今大人たちに気づいて欲しい。
私も完璧じゃないし、原発が福島にあることも知らなかったけれど、考えたり、知ることが大事だと思っています。」

帰り道、みさとさんから、
「話せてよかった、スッキリした。過去を振り返って、前が向けるね、本当にありがとう。」と、こんなに素敵な言葉をいただきました。

2歳になったお子さんを胸にぎゅっと抱きしめるみさとさんは、とても穏やかに美しい母の姿でした。
みさとさん本当にありがとう。

そして、ご来場いただいた皆様、今回も愛に溢れた素敵な空間を共有できたことに心から感謝申し上げます!
ありがとうございました☆

02-DSC_5254 08-DSC_5345 22-CIMG1802 24-CIMG1804 01-DSC_5237 37-CIMG1863 39-CIMG1867