【報道】避難者住宅の一部有料化についての記事~2014/5/14付 毎日新聞~

【毎日新聞に掲載・避難者住宅の一部有料化について】

チーム☆OKにもこの雇用促進住宅に暮らすメンバーがたくさんいます。
そして実際にこの4月から、一部の避難者が有料になりました。
東京、埼玉、群馬、神奈川などからの仲間が、厳しい生活に突入しています。
母子避難を維持できず、帰っていた方もいました。
この事実を、一人でも多くの方に知っていただきたいです。

*****

<避難者住宅>無料打ち切り 元の住所、線引き曖昧
毎日新聞 5月14日(水)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140514-00000005-mai-soci

東日本大震災と東京電力福島第1原発事故に伴う避難者を対象にした住宅の無償貸与が打ち切られるケースが出始めている。厚生労働省はどの都県からの避難者かによって区別して、2013年度末で一部の避難者に対する雇用促進住宅の無償貸与を終了。打ち切りの対象となったりならなかったりすることに戸惑いの声も上がり、避難者が置かれた不安定な住宅事情を浮き彫りにしている。【日野行介】

厚労省によると、雇用促進住宅は同省所管の独立行政法人「高齢・障害・求職者雇用支援機構」が運営し、入居期間は2年間が原則。1年間の延長を経て無償貸与を終了したのは、18道府県の住宅に住んでいた青森、千葉、東京など8都県からの避難者113世帯で、うち40世帯が有償での居住継続を選び、残る73世帯は退去したという。同省は「震災から一定の時間がたち、機構の負担や他の入居者との公平性を考慮した」と説明する。

一方、福島、宮城、岩手の3県からの避難者が入居する住宅は、災害救助法に基づき国が家賃を補助する応急仮設住宅として扱われ、同住宅の入居期限に合わせ今年度は無償貸与を継続。茨城、栃木両県からの避難者についても無償を続けている。同省は「茨城県から継続の要望があった」としているが、栃木県からはなかったといい、線引きの基準はあいまいだ。

各自治体が独自に行ってきた避難者向けの公営住宅の無償貸与も、西日本を中心に終了する動きが出ている。大阪府吹田市は今年度から有償での居住継続か1年限定の無償継続(その後は退去)かを選ぶよう避難者に求めたほか、同府泉佐野市も昨年10月から市営住宅の無償貸与を終了した。

応急仮設住宅については当初、国は入居期間を2年間としていたが、2回にわたって1年間ずつ延長し、現在の期限は今年度末。自主避難者を中心に「安心して生活できない」など不安を訴える声が出ており、福島県から東京へ避難している人の団体が先月、長期的な延長を求める要望書を国や都に提出した。

日本弁護士連合会などで構成する「原発事故子ども・被災者支援法ネットワーク」は14日正午から、参議院議員会館講堂(東京都千代田区永田町2)で被災者の住宅確保を求める集会を開く。入場無料。問い合わせは日弁連人権第2課(03・3580・9956)。

【ことば】雇用促進住宅

原則として雇用保険の被保険者で、職業安定のため住宅確保が必要な労働者などが入居する。高齢・障害・求職者雇用支援機構が運営しているが、2021年度までに譲渡または廃止が決まっている。今年3月末時点で全国に1267カ所・約12万戸あり、約5万5000世帯が入居、このうち震災、原発事故による避難者は約3600世帯・約1万人。

◇雇用促進住宅の無償貸与が終了した避難者の元の住所

青森▽岩手▽群馬▽埼玉▽千葉▽東京▽神奈川▽長野

※岩手県の対象者は罹災(りさい)証明書を持たない避難者

◇無償貸与が継続している避難者の元の住所

福島▽宮城▽岩手▽茨城▽栃木

******

<避難者住宅>無料打ち切り 生活苦の居住者戸惑い
毎日新聞 5月14日(水)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140514-00000006-mai-soci

福島第1原発事故に伴って群馬県から一家4人で札幌市内に避難し、雇用促進住宅で生活していた女性(41)の自宅には昨年10月、「高齢・障害・求職者雇用支援機構」に住宅管理を委託された財団法人から「貴殿への無償提供は平成26年3月31日をもって終了になります」と書かれた通知が届いた。理由は特に書かれていない。

女性は今年度から毎月約5万5000円の家賃(共益費、駐車場代込み)を支払う。敷金など約20万円も支払った。双子の男児は事故当時5歳と幼く、自身も甲状腺の病気であることから避難を決めた。避難に伴い夫(41)が転職して収入は約3分の2に激減、家賃が生活を圧迫している。周囲にはやむなく帰還した母子避難者もいたという。

女性は「みんな好きで避難したわけではない。打ち切りの対象となった人もならなかった人も苦労は同じ。分断するようで納得できない」と悔しさをにじませた。