【手記】「寂しい思いをさせているけれど・・・私たちはこれでいいんだ。」 ~老いた母からの手紙に想う~

避難から丸3年経ったこの夏休み。
我が家は初めて、福島に帰省しました。


3日間の滞在は、誰に会って、あそこに行って、と駆け足で用事をこなした感じでした。

それから数日後慌ただしく札幌に戻った私たちを、追いかけるように届いた、母からの手紙。

そこには、
「子育てとは、迷わず生きろと教えることだったのかもしれない」
と書いてありました。

子育てを終え、老いを実感し始めた母からのエール。
そう、母が私たちの避難を「OK!」してくれていると。。。

寂しい思いをさせているけれど。

私たちはこれでいいんだ。
子どもたちを守るため、ここ札幌で、しばらく頑張っていこう、と思いました。

まわりには仲間もいるから。
一緒に笑える、一緒に泣ける仲間もいるから。

そんなふうに思った夏休みでした。

(りかこ・福島県から原発避難)

※写真は帰省時の一枚。おばあちゃんとお絵かきをする娘たちです。3年ぶりの、実家でのひとときでした。

10647629_633668453414240_509051008_n