【手記】「泣いてしまったら、私は母子避難でここに居られないから」 ~仙台から母子避難中・さくらさんの想い~

我が家は私が長女、夫も長男で、地元から出たことがありませんでした。


私の実家は車で10分の距離でした。

1509650_807321246014789_8886080592648913360_n-426x640

息子は初孫だったので、じーちゃんが「目の中に入れて」、可愛がっていました。
中学高校の野球の試合も、私とじーちゃんでいつも応援に行きました。

1年前の春、仙台港からのフェリーで見送られた時、私は泣きませんでした。
今年の春、じじばばが札幌に来てくれた時も、泣かなかった。

泣いてしまったら、私は母子避難でここに居られないから。

札幌に来たばかりの時に、母の後ろ姿そっくりのおばちゃんが道を歩いていて、運転しながら泣いてしまいました。

電車で父に似ているお爺さんがいると、じっと見してしまいます。

今、泣きながらこれを打っています。
じじばばと孫たちを、もう会わせてあげる事が出来ないのではないかと考えると、つらいです。

私は子どもを、放射能汚染がある仙台に行かせる気は、全く無いから・・・

つらいですね。みんな、ね。。。

(さくら・宮城県仙台市から原発避難)